Powered by Google

日本大学医学部皮膚科学分野では入局希望の後期臨床研修医を募集しております

講座紹介
   教授ごあいさつ
   スタッフ紹介
   講座の歴史・概要

臨床研修希望医師へ
   後期臨床研修概要
   当科の研修の特長
   臨床研修プログラム
   入局説明会
   医局見学・お問合せ

診療・研究実績
   治療成績
   学会発表
   掲載論文
   講演

研究部門
   乾癬
   悪性黒色腫
   蕁麻疹
   その他

特殊外来〔完全予約制〕
   乾癬外来
   アレルギー外来
   腫瘍外来
   脱毛外来




外来予定表へ

講座の歴史・概要

【教室の歴史】
1927年(昭和2年)に日本大学専門部医学科皮膚科泌尿器科学教室として開講し、梅津小次郎初代教授が就任し、教室の基礎を築きました。戦後、1945年に、三浦修2代目教授が赴任し、アレルギー学、真菌病学などで、多大な業績を残し、長年、駿河台病院長を勤めました。1959年、三科に分離し、皮膚科学教室として、独立しました。1973年に、森岡貞雄3代目教授が就任し、皮膚付属器腫瘍学などで多大な業績を残しております。1987年、森嶋隆文4代目教授が就任し、悪性黒色腫(螢光法、5-SCDなど)、代謝異常症などで、最先端の業績を残しました。2001年、鈴木啓之5代目教授が就任し、電顕生物学、メルケル細胞、角化症などの幅広い領域で、国際的にも偉大な業績を残し、3年間、練馬光が丘病院長を勤め、病院の発展に多大な貢献をしました。2004年より、現在の照井正が、6代目主任教授として就任し、今日に至っております。

歴  代  教  授
初 代
梅津 小次郎
2 代
三浦 修
3 代
森岡 貞雄
4 代
森嶋 隆文
5 代
鈴木 啓之
Copyrght(C) 日本大学医学部板橋病院 皮膚科学分野 All rights reserved.
Produced by FARO