Powered by Google

日本大学医学部皮膚科学分野では入局希望の後期臨床研修医を募集しております

講座紹介
   教授ごあいさつ
   スタッフ紹介
   講座の歴史・概要

臨床研修希望医師へ
   後期臨床研修概要
   当科の研修の特長
   臨床研修プログラム
   入局説明会
   医局見学・お問合せ

診療・研究実績
   治療成績
   学会発表
   掲載論文
   講演

研究部門
   乾癬
   悪性黒色腫
   蕁麻疹
   その他

特殊外来〔完全予約制〕
   乾癬外来
   アレルギー外来
   腫瘍外来
   脱毛外来




外来予定表へ

乾癬

尋常性乾癬の病態生理について研究をしています。
 近年、乾癬の治療薬として活性型ビタミンDが注目されています。活性型ビタミンDの生理作用は、カルシウムの吸収促進や代謝促進、細胞分化誘導、免疫調節作用など多岐にわたり、活性型ビタミンDおよびビタミンD類の改変体は骨粗鬆症治療薬、ビタミンD代謝異常による諸症状の治療薬、副甲状腺機能亢進症治療薬、尋常性乾癬治療薬などとして広く使われています。

 尋常性乾癬に対しての効果は1985年に骨粗鬆症の患者に対して1-αOH-D3の内服投与をしたところ合併していた乾癬が改善したことから始まりました。その後内服では皮膚局所での有効濃度に達さないことが分かり、現在では外用薬が主に使用されています。ステロイドの外用剤と比べ副作用が少ないことから現在は外用治療におけるもっとも重要な薬剤となっています。

 しかしその効果発現機序はまだ明らかになっていない点が多いのが現状です。当科では乾癬におけるビタミンDとその代謝酵素の働きについて研究しています。
Copyrght(C) 日本大学医学部板橋病院 皮膚科学分野 All rights reserved.
Produced by FARO